■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

■シグマがすごいものを出してしまったのでちょっとあたふたしているのである

 日本の一眼レフカメラメーカーには、かつて5大メーカーと呼ばれた、オリンパス、キヤノン、ニコン、ペンタックス、ミノルタがあって、それ以外にもコンタックス(ヤシカ/京セラ)やリコー、コシナとかもあって、デジタルになってソニーとパナソニックが参入したりして、日本=カメラ大国というイメージだったのが、ここ数年のうちに、ミラーレス化が進んで、一眼レフメーカーのほうが少なくなってしまった。

 残り少ない一眼レフメーカーのうち、唯一、ミラーレスカメラを発売していなかったのがシグマだったのに、そのシグマが、昨日(2016年2月23日のことである)発表したのがsd Quattroとsd Quattro Hという、2つのミラーレスカメラである。

 名前が「sd」であるのを見ればわかるとおり、これは一眼レフのSD1 Merrillの後継的位置づけとなるモデルであろうし、つまりは、シグマが一眼レフからミラーレスに舵を切ったのだと読み解くべきだと思う。

 ようするに、数少ない一眼レフメーカーが、またひとつ減った、ということである。まあ、今のところはまだSD1 Merrillは現行品だし、おそらくしばらくは併売されるだろうけれど、実質的には、日本の一眼レフブランドはキヤノン、ニコン、ペンタックスの3つだけになってしまう、ということである。

 が、まあ、そんなことはどうでもよい。

 肝心なのは、sd Quattroが、すんごく魅力的なカメラである、ということだ。

 もちろん、ワタシにとっては、という意味である。

 補間処理のいらないFoveon X3ダイレクトイメージセンサーが生み出す解像感云々についてはここでは語らない。キリがないから。

 目下のワタシの興味は、APS-Cサイズのsd QuattroとAPS-Hサイズのsd Quattro Hのどちらを選ぶか、そして、どんなシステムを組むか、である。

 sd QuattroにはAPS-Cサイズ用のDCレンズが使用できる。つまり、レンズの選択の幅が広いところがメリットである。一方のsd Quattro Hは、センサーサイズが大きい分、画素数が増える(ざっと計算したところ、2機種の画素ピッチはほぼ同じである)。つまり、より高解像度な画像がえられるのが強みなわけだ。

 sd Quattroなら、広角は8-16mm F4.5-5.6 DC HSM(12-24mm相当)か10-20mm F3.5 EX DC HSM(15-30mm相当)。標準域は17-70mm F2.8-4 DCマクロOS HSM Contemporary(25.5-105mm相当)もあるし、18-35mm F1.8 DC HSM Art(27-52.5mm相当)とかもある。望遠域はAPO 70-200mm F2.8 II EX DG マクロ HSM(105-300mm相当)もあるが、発表されたばかりの50-100mm F1.8 DC HSM Art(75-150mm相当)もおもしろい。明るいのは重たいから運用が大変そうな気もするが。

 一方、sd Quattro Hだと、広角は今のところ12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM(15.6-31.2mm相当)しか選択肢がなく、標準域も広角側が弱い24-105mm F4 DG OS HSM Art(31.2-136.5mm相当)などになってしまう。

 それなら単焦点で組んでしまうか、と言っても、広角は選択肢がないので12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで。これに35mm F1.4 DG HSM Art(45.5mm相当)、50mm F1.4 DG HSM Art(65mm相当)、85mm F1.4 EX DG HSM(110.5mm相当)、マクロ 105mm F2.8 EX DG OS HSM(136.5mm相当)、APO マクロ 150mm F2.8 EX DG OS HSM(195mm相当)あたりが、画角的にほどよい感じになってくれる。

 あとは、センサーサイズが大きくなったことで消費電力がどれぐらい増えているか(つまり、電池の持ちが心配なんである)、EVFの見やすさ(左目利きにはつらそうな位置にレイアウトされているのだ)とかが気になる点。液晶モニターも、かなりの横長タイプなので、画像表示領域がどれぐらいな確保できているのか不明なところも多いのだけれど、発売が待ち遠しくて仕方がないのでありますね。

関連記事

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。